監督のこだわり

スペースビルドにとって最大の商品である「カントク」。
それぞれの現場監督が持つ家づくりへのこだわり、仕事への思い、そして自身のキャリアアップについて語ります

監督のこだわり

荒木 君昌(住宅事業部工事部) | 森田 豪(和歌山事務所)

荒木 君昌(住宅事業部 工事部長)

絶対無理ですとは言わない。きっと何か方法はあるはず。

工事部長として某メーカーの現場管理を主に引き受けています。
また、部下が一人で現場を管理出来るように指導、教育しています。
品質を保つための管理が出来るようになるまでには、多くを学び、経験を必要としますが、経験が無くてもすぐ実行出来る「現場を綺麗に保つ事、安全管理・対策」を指導しています。
多い時では、一人で10戸前後管理する事もあります。少ないと感じられる方もおられるかもしれませんが、品質を保つ為、行き届いた管理が出来るのはこのぐらいでしょうか。
品質を保つために必要なこととして、他に現場の安全管理です。
安全な現場というのは整理整頓され職方が働きやすいと言うこと。つまりは作業がしやすく効率も上がる。現場がきれいであれば、点検箇所もよくわかります。事故が無いように現場の安全管理を徹底することは品質を保つことと直結すると考えています。
また職方とのコミュニケーションも大変重要で、こちらの指示が確実に伝わるようにすることは当たり前ですが、人と人ですので伝わりにくい事もある場合があります。
自分はこう言ったつもりなのにと言う様な事が無いように、日々職方とは話をし、自分の指示が確実に伝わるように心がけています。そう言った意味では、当社は年間を通じての職方も参加する行事が多く、コミュニケーションを大切にしている会社ではないでしょうか。

現場監督という立場でお客様と向き合う事について

また、自社物件を担当する事もあるのですが、メーカーさんからの依頼とは違い、一般のお客様は建築に関しては素人の方ですので、たまに、「この段階でその変更は・・・(苦笑)」と思ってしまう事をご希望される場合があります。その場合は、それは絶対無理ですとは言わないようにしています。
やろうと思えばなんでも出来ると私は考えていますが、それにはコストがかかったり、工期が大幅に遅れたりと大きなリスクが伴う場合があると言う事なのです。
しかし、お客様はそこまでのリスクが有ると知ってお話している事はないと思います。
その事をお話させて頂き、また、そのままのご要望にお応えできない場合は、代替え案をお話したりして、創意工夫し、ご一緒に造り上げていくように心がけています。
ホームページをご覧頂いている皆さんとも機会があればご一緒に家造りさせて頂ければ嬉しいですね。

森田 豪(和歌山事務所 統括責任者)

お客様のこだわりを形にする—
そのために私たちは、最後の最後まで努力します。

私は現在、和歌山事務所を任されています。営業や工事責任者が主な業務です。仕事内容は多岐にわたり、ローンの申請のほか、設計打ち合わせから引き渡しまでのあらゆる業務に携わっています。
仕事をする上で最も大事にしていることは、技術面の向上ももちろんながら、それ以上に、お客様がこだわっていらっしゃるところをしっかりと読み取り、形にしていくことですね。
お客様がどうしても譲れない部分はどこなのか、どんなご希望があり、どんなこだわりを持っていらっしゃるのか……そういったことを見極めながら、お客様に最大限に喜んでいただけるための工夫を凝らしています。
もちろん、ご要望をそのまま形にすることを最後の最後まで諦めず、努力はさせていただくのですが、ご予算やスケジュールの都合などによって、どうしてもご要望通りにはできないと判断する場合もあります。そんなときには、極力お客様のこだわりを活かしつつ、代替え案をご提案します。ご要望を深く読み取ることさえできれば、お客様が家づくりに対して本当に求めていらっしゃることが何なのかがわかりますし、ご希望に沿いつつ、変更や代替え案を展開していくことも可能なのです。
この仕事にやりがいを感じられるのは、やはりお客様からお褒めの言葉をいただいたときですね。家はお客様にとって生涯の付き合いとなるものですから、決して妥協できないもの。それほど大事なものをご一緒に完成させたときに、「イメージしていた以上に良いです」「森田さんと知り合えて良かった!」と言われたときは、本当に嬉しかったですね。

想像以上の出来映えです

そんな感動の声をいただくと、心から努力した甲斐があったと感じられ、この仕事に生きがいを見いだせるのです。仕事をしていて、最も喜ばしい瞬間ですね。
一方で、課題もあります。
社員の知識や知恵の向上は常に取り組まなければならない課題です。社員に対しては、さらなる知識向上のために資格取得を奨励したり、定期的に勉強会を設けたりして、常に技術と知識、そして何より仕事に対する意識を高めるべく努力しています。
また、お客様に対しては、「説明力」を重視しています。お客様と接する上で、信頼していただくためにも、わかりやすくご説明するためにも、お客様に心から納得していただけるよう説明する力を養うよう心がけています。たとえば、言葉だけではわかりにくいと感じたときに、お客様の目の前で簡単にスケッチができたら尚良いですよね。私たちはスケッチの練習までするなど、万全を期してお客様をお迎えできるよう常に心がけています。

和歌山で1番の工務店を目指す。

—それが今後の私の目標です。技術面でももちろん、お客様に1番信頼される工務店でありたいと願っています。「この会社に任せれば大丈夫」「1番信頼できる」と言われるよう、最大限に努力していきたいですね。お客様に本当に喜んでいただける仕事をするべく、今後も精進していきます。

スタッフ紹介

  • 住宅工事部
    工事課長

    施主様に満足していただけるよう、日々一生懸命頑張っています。

  • 住宅事業部
    工事担当

    物造りの楽しさをぜひご一緒に!

  • 住宅事業部
    工事担当

    お客様に喜んでもらえる様に頑張っています。

  • 住宅事業部
    営業課長

    理想的な住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。